選手選別に遺伝情報を使って良いのか(日本福祉大学の竹村瑞穂准教授)

医療の急速な進歩が人類の幸福に寄与してきたのは間違いない。ただ、ゲノム編集技術は操作対象が人間であることもあり、様々な倫理的・社会的問題を引き起こしかねない。操作対象を体細胞と生殖細胞、操作目的を治療かエンハンストメントに分けると整理しやすい。遺伝子操作が身体能力の向上や増強などエンハンストメントである点が遺伝子ドーピングの特徴だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)