体内でのゲノム編集効率はまだ低い(埼玉医科大学 三谷幸之介部門長)

 エリスロポエチン(EPO)の発現を誘導するような遺伝子ドーピングは、従来型の遺伝子治療(cDNA発現)と同様なのでハードルは低く、技術的には十分可能ではないか。一方、標的遺伝子のゲノム編集に関しては、まだ効率が低いのが現状だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)