癌免疫療法の細胞医薬を開発しているスウェーデンImmunicum AB社は、2019年8月29日、固形癌の樹状細胞治療候補として開発中のilixadencelについて、転移性腎細胞癌(RCC)を対象とするフェーズII(MERECA、NCT02432846)の最新データを発表した。腎細胞癌の適応で承認されているマルチキナーゼ阻害薬スニチニブとの併用療法で、45例中5例が完全寛解(CR)に達した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)