遺伝子ドーピングに関する一考察(筑波大学 武政徹教授)

 日本アンチ・ドーピング機構(Japan Anti-Doping Agency:JADA)によると、ドーピングとは「スポーツにおいて禁止されている物質や方法によって競技能力を高め、意図的に自分だけが優位に立ち、勝利を得ようとする行為」のことであり、JADAは「すべてのアスリートがフェアであることを支え、アスリートの健康を保護するために、ドーピングの撲滅を目指す」ことを謳っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)