リコー、PCR装置の精度管理向け標準DNAを販売へ

 リコーは2019年7月30日、川崎ライフイノベーションセンターで、同社のヘルスケア事業についての説明会を開催。リコーのヘルスケア事業本部の源間信弘事業本部長は、PCR装置の精度管理に利用可能な「DNA標準プレート」を数カ月以内に販売開始することを明らかにした。また、ヘルスケア事業本部の事業内容や今後の展望について述べた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)