米Eli Lilly社、米Evidation Health社、米Apple社は、2019年8月8日、Apple社のデバイス(iPhone、Apple Watch、iPad、Beddit睡眠モニター)とデジタルアプリを組み合わせて、認知機能の低下の有無を評価する手法の実現可能性を検討した予備的な試験(Lilly Exploratory Digital Assessment Study)の結果が、米アンカレッジで開催されたComputing Machinery学会のKDD(knowledge-discovery in databases)会議で報告されたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)