メディシノバ、「2019年内に導出して上場維持したい」

 ドラッグリポジショニングによる新薬開発を行うメディシノバは2019年7月29日、東京都内で2019年度の第2四半期決算説明会を開催した。岩城裕一社長は開発中のパイプラインについて、「製薬大手への導出契約を年内に結び、JASDAQ市場への上場を維持したい」との考えを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)