オンコリスバイオファーマが中外製薬と契約「ぎりぎりのタイミングだった」

 オンコリスバイオファーマは2019 年4 月8 日、腫瘍溶解性ウイルス製剤「テロメライシン(OBP-301)」について中外製薬と独占的なライセンス契約を締結した。これまでの経緯をオンコリスの浦田泰生社長に聞いた(聞き手は坂田亮太郎)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)