DTC遺伝子検査の業界団体、一般社団法人として再スタート

 消費者向け(DTC)遺伝子検査の業界団体である遺伝情報取扱協会(AGI)は2019年7月17日に記者会見を開き、前身のNPO法人から一般社団法人に転じて活動を開始したことを発表した。認定制度を通じて基準に適合した遺伝子検査サービスを普及させ、業界を発展させるのが活動の主な狙い。新たな一般社団法人では入会基準を設けて会員の質を高めるとともに、事業規模ごとの年会費を設定して財政基盤を強化する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)