武田薬品、T-CiRAの成果である他家iPS細胞由来CART療法を開発へ

 武田薬品工業と京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、共同で進めているT-CiRA(Takeda-CiRA Joint Program for iPS Cell Applications)から、他家iPS細胞由来のキメラ抗原受容体T細胞(CART)療法の研究成果が武田薬品に継承されたと発表した。武田薬品は、2021年に他家iPS細胞由来CART療法の臨床試験を日本で開始する計画だ(関連記事「武田薬品工業の出雲正剛再生医療ユニットグローバルヘッドに聞く」)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)