第一三共、2'-O-メチルRNAとDNAを配したsiRNAの新規モダリティ開発

 第一三共研究開発本部バイオロジクス本部の小泉誠主席は、2019年7月10日、大阪府吹田市で開催されている日本核酸医薬学会第5回年会のシンポジウムで、2'-O-メチルRNAとDNAを交互に配置した独自の2本鎖オリゴヌクレオチドである「MED-siRNA」が、高いRNAi活性を持つことを確認したと報告した。現在は基礎研究の段階だが、MED-siRNAは、米Alnylam pharmaceuticals社など既存の特許に抵触しない、新たなsiRNAのモダリティになる可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)