大鵬薬品工業は、2016年5月、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)である米Taiho Ventures社を米カリフォルニア州に設立し、グローバルのバイオテク企業への投資を本格化させた(関連記事)。同社のこれまでの投資実績などについて、2019年6月26日、宮原成司インベストメントディレクターが本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)