日大、細胞膜透過性ペプチド修飾ミセルの経鼻投与でsiRNAを中枢に送達

 2019年7月4日に行われた日本DDS学会学術集会のシンポジウムで、日本大学薬学部の金沢貴憲専任講師は、鼻粘膜に存在する嗅神経や三叉神経を介した薬物の脳への送達技術について説明。さらに、細胞膜透過性を有するペプチドと高分子から作製したミセルを用いることで、siRNAを効率よく脳内に移行させることができたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)