米Semma Therapeutics社は2019年7月1日、1型糖尿病を対象に開発中のヒト多能性幹細胞由来膵島(SC-islets)が、2本の開発プログラムで前臨床概念実証(POC)を達成したと発表した。同研究成果は、同年6月26日から29日まで米国で開催された国際幹細胞学会(ISSCR:International Society for Stem Cell Research)のプレナリーセッションで報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)