楽天メディカル、抗EGFR抗体以外にも光免疫療法を拡大へ

米Rakuten Medical社は2019年7月1日、都内で会見を開催。三木谷浩史会長兼CEO(最高経営責任者)は、Rakuten Medical社の日本法人である楽天メディカルジャパンが5月31日付で第一種医薬品製造販売業、および第一種医療機器製造販売業の許可を取得したことを明らかにした。また同社の柱となる「光免疫療法」について説明し、今後の研究開発の方針も示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)