米Johns Hopkins大学のTed Dawson氏らは、マウスを用いた動物実験により、パーキンソン病が腸で発生して迷走神経を伝わり、脳に至る可能性を示した。詳細は、Neuron誌電子版に2019年6月26日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)