USPTO PTAB、CRISPR/Cas9技術に関する先発明者決定手続きを開始

(2019.07.02 08:00)1pt
大西淳子

 米特許商標庁(USPTO)PTAB(特許審判部)は、2019年6月25日、米California大学Berkeley校(UCB)などが申請している10件の特許と、米Broad Instituteなどに対して発行済みの複数の特許について、interferenceを宣言した。これにより、先発明者決定手続きが開始される。この手続きは2年以内に完了する見込みだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧