米Krystal社、栄養障害型表皮水疱症を対象とする遺伝子治療がPI/IIで病変閉塞効果

FDAのRMAT対象品目に指定
(2019.07.01 08:00)1pt
川又総江

 希少難治性皮膚疾患の遺伝子治療を開発する米Krystal Biotech社は、2019年6月24日、栄養障害型表皮水疱症(DEB)の適応で開発中の遺伝子治療KB103のフェーズII(GEM-2)、およびフェーズI(GEM-1)の中間解析結果を発表した。これら2試験でポジティブデータが得られたことから、米食品医薬品局(FDA)はKB103を再生医療先端治療(Regenerative Medicine Advanced Therapy:RMAT)の対象品目に指定した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧