家畜改良事業団、和牛の遺伝子食味評価サービス開始へ

 2019年6月20日、バイオインダストリー協会(JBA)は「牛馬のゲノム科学・遺伝学研究」と題したセミナーを開催。一般社団法人家畜改良事業団の上席専門役である渡邊敏夫氏は、同事業団で牛肉中の脂肪酸組成について遺伝子情報を用いて分析し、食味を評価するサービスを今年度中に開始すると明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)