トヨタのゲノム解析技術「GRAS-Di」の初の論文は生態学

 トヨタ自動車が事業化している次世代シーケンサー(NGS)を用いたゲノム解析技術「GRAS-Di」の成果が、初めてPubMed論文として発表された。静岡県浜松市にある東京大学大学院農学生命科学研究科附属水産実験所の細谷将助教らが、Molecular Ecology Resources誌にて発表した沖縄マングローブ魚類の成果(オンライン初掲載は2019年4月22日、論文タイトルなどはその後更新)。マングローブには多種多様な魚類が生息し、マングローブ魚類と呼ばれるが、移動や回遊はあまり分かっていない。細谷助教らは、魚類の生育環境を把握するゴールドスタンダードである耳石のデータを比較して、GRAS-Di解析の有用性を確認した。東京大学大学院農学生命科学研究科生圏システム学専攻水域保全学研究室の佐野光彦教授がラストオーサーで、水産研究・教育機構(水産機構)水産大学校や東海大学の研究者が共著者だ、

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)