英GlaxoSmithKline(GSK)社は2019年6月13日、University of Californiaと5年間のゲノム共同研究契約を締結し、ゲノム編集技術CRISPRを活用する研究活動のための研究所「Laboratory for Genomics Research(LGR)」を設立すると発表した。CRISPRを用いて遺伝子変異と病気の関係を解析し、画期的な医薬品につながる技術開発の拠点を構築する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)