米Gilead社、米Nurix社と癌などに対する新規蛋白質分解誘導薬を開発へ

(2019.06.28 08:00)1pt
大西淳子

 米Gilead Sciences社と米Nurix Therapeutics社は、2019年6月19日、世界的な戦略的提携を結んだと発表した。目的は、癌その他の疾患を対象とする革新的な標的蛋白質分解誘導薬の発見と開発、商品化に置かれている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧