米Voyager社、Sanofi Genzyme社が一部オプション権手放すなど契約変更

(2019.06.26 08:00)1pt
大西淳子

 アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを利用して、中枢神経系(CNS)疾患に対する遺伝子治療の研究開発に取り組んでいる米Voyager Therapeutics社は、2019年6月17日、米Sanofi Genzyme社と2015年に結んだ遺伝子治療領域の契約を大幅に変更すると発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧