DNA情報を研究者に提供し、成果を株式の配当として受け取るサービス開始へ

 一般消費者向け(DTC)遺伝子検査サービスにより解析されたデータをアップロードし、個々人の一塩基多型(SNP)などに基づく様々な情報を提供するサービスを米国を中心に展開している米Awakens社は、米Luna Public Benefit Corporation(LunaPBC)社と提携して、研究用のデータの提供者に対して報酬を支払うサービスを今夏にも開始する。Awakens社の共同創業者である松田祐太COO(写真)が2019年6月14日、本誌の取材に対して明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)