6回目で日本初開催の国際ニンニクシンポジウム

 ニンニクとその成分による健康増進に関する最新の成果を発表する「International Garlic Symposium 2019」が2019年5月28日から30日まで広島市で開催され、18カ国・地域から約200人が参加した。議長は、神戸大学大学院農学研究科の芦田均教授と米UCLA医学部のMatthew Budoff教授が務めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)