米食品医薬品局(FDA)は2019年6月3日、代償性肝硬変を伴う非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の治療薬を開発する製薬企業向けのガイダンス案を発出した。FDA医薬品評価研究センター(CDER)のGastroenterology and Inborn Error Products部門が作成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)