政府、癌患者や難病患者の全ゲノム活用する研究推進で実行計画策定へ

 政府は、2019年6月11日に開催した経済財政諮問会議において、「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針2019)」の原案を公表した。原案には、癌の創薬・個別化医療、難病の早期診断に向け、全ゲノム解析等を活用する研究等を着実に推進するため、2019年中にも実行計画を策定するとした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)