お茶の水女子大学発ベンチャー企業のSANSHO(東京・中央、諸星俊郎社長)は2019年6月までに、シリーズAの資金調達を行いVC3社から2億5000万円を調達した。開発中の変形性膝関節症治療薬のフェーズII準備費用に充てる予定で、2020年のフェーズII入りを目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)