AIベンチャーのエクサウィザーズ、第一三共と共同開発プロジェクト開始

 AIベンチャーのエクサウィザーズ(東京・港、石山洸代表取締役社長)は、創薬研究におけるAIの利活用を通じた「データ駆動型創薬」の実現と加速を目指し、第一三共と共同開発プロジェクトを開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)