東北大とHeidelberg大、GPCRの細胞内情報伝達機構を個別解析

 東北大学大学院薬学研究科の井上飛鳥准教授や青木淳賢教授らとドイツHeidelberg UniversityのRobert B.Russell教授らは、創薬の標的として重要な細胞表面のG蛋白質共役型受容体(GPCR)に作用する薬剤の開発に役立つ情報を構築した。Cell誌2019年6月13日号で論文発表する。オンライン版では5月30日(現地時間)に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)