田辺三菱、欧州でエダラボンのALSに対する承認申請取り下げ

 田辺三菱製薬は、2019年5月30日、開発子会社のMitsubishi Tanabe Pharma Europe社が、欧州医薬品庁(EMA)に対し、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を適応症として承認申請していたエダラボン(国内外での商品名「ラジカット/RADICAVA」)の承認申請を取り下げると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)