欧州医薬品庁(EMA)は、2019年5月3日、2018年の医薬品承認状況や安全確保策および各種データなどについてまとめた「年次報告2018」(Annual Report 2018)を発表した。同年次報告では、Brexit(英国のEU離脱)の影響でEMAがロンドンからアムステルダムに移転したことを受け、複数の懸念が生じていることについて、担当理事の見解も紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)