あすか製薬、湘南アイパークへの研究所移転は「非常に大きな決断」

 あすか製薬は、2019年5月24日、2019年3月期の決算説明会を開催。研究機能を川崎研究所から湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)へ全面移転することについて、山口隆社長は、「製薬企業にとって研究所はシンボル的存在であり、今回の移転は非常に大きな決断だった」とコメントした(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)