Delta-Fly、癌微小環境アルカリ化薬の開発で国内メーカーと提携交渉中

Delta-Fly Pharmaは、2019年5月16日、2019年3月期の決算説明会を開催。同社の江島清社長は、現在販売されている尿アルカリ化薬のクエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム水和物配合製剤(DFP-17729)について、腫瘍微小環境をアルカリ化する薬剤として固形癌へ適応拡大するため、日本での開発パートナーとの提携に向けて交渉を進めていることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)