リボミック、滲出型AMD治療薬のPI/IIaの投与が完了

リボミックは2019年5月16日に2019年3月期の決算説明会を開催。同社が開発している抗FGF2アプタマー製剤のRBM-007について、米国でのフェーズI/IIaの被験者9例への投与が2019年5月に完了したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)