田辺三菱、2019年度はラジカヴァの減収見込む

田辺三菱製薬は5月10 日、2019年3月期の決算説明会を開催した。2019年3月期の業績は、2018年4月の薬価改定による薬価の引き下げや、長期収載品の大幅な減収を受けて落ち込んだ。同社は業績の回復に向けて注力する開発パイプラインについて説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)