米Amgen社は、2019年5月15日、新規の低分子KRAS G12C阻害薬AMG510をヒトに初めて投与した、オープンラベルの多施設フェーズIの予備的な結果が、米臨床腫瘍学会(ASCO)第55回年次総会で2019年6月3日に報告されることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)