政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)は13日、国内の研究開発力強化に向けて、今年中をめどに「研究力強化・若手研究者支援総合パッケージ(仮称)」を策定することを決めた。破壊的イノベーションを創出するためのムーンショット型研究開発制度についても、産業界、ベンチャーキャピタル、関係府省で構成する「アクセラレーター協議会(仮称)」を設置して、研究開発を支援する仕組みを設けることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)