ジーンテクノ、口唇口蓋裂など小児疾患に歯髄幹細胞開発へ

 ジーンテクノサイエンスは、2019年5月13日、2019年3月期の決算説明会を開催。買収したセルテクノロジーの他家の歯髄幹細胞を、口唇口蓋裂や脳性まひ、腸管神経節細胞僅少症、先天性白皮症など小児の疾患を対象に自社開発していく方針を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)