小野薬品、2020年3月期にオプジーボは数量増でも売り上げは減少へ

 小野薬品工業は、2019年5月9日、2019年3月期決算説明会を開催した。同社の相良暁社長は、現在承認申請している3品目の新薬と、オプジーボの適応拡大に向けた展望について説明した。また本会見の冒頭に京都大学の本庶佑特別教授が抗PD1抗体「オプジーボ」(ニボルマブ)について対価の引き上げを求めていることに関して「今月中に何らかの形でコメントする」と明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)