武田薬品、財務体質改善へ事業譲渡第一弾を発表

 武田薬品工業は2019年5月9日、アイルランドShire社買収後第一弾となる事業譲渡を契約したと発表した。譲渡するのはドライアイの兆候・症状治療用の点眼薬「Xiidra」(リフィテグラストナトリウム)と手術用パッチ剤「TachoSil」(ヒトトロンビン/ヒトフィブリノゲン)で、共に買収したShire社に由来する製品。Xiidraは最大53億ドルでスイスNovartis社に、TachoSilは4億ドルで米Johnson & Johnson社グループの手術器具メーカーのEthicon社に売却する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)