第一三共は2019年5月8日、開発中の抗体薬物複合体(ADC)であるDS-8201について、HER2陽性乳癌のサードライン治療として実施していたグローバルフェーズII試験のトップラインデータで、有効性が確認されたと発表した。客観的奏効率は60%前後とみられ、詳細データは今後の学会で公表する予定。2019年内をめどにしている同薬初の承認申請に活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)