印刷する

閉じる

Boston大学など、肺前癌病変のトランスクリプトーム変化は癌化リスクの推定に有用

(2019.05.14 08:00)1pt
大西淳子

 米Boston大学、米California大学Los Angeles校などの研究者たちが、肺癌リスクの高い喫煙者から採取した前癌病変を対象に、mRNA-seq解析などを行い、病変部の変化に基づいて、その後に肺扁平上皮癌を発症するリスクの高い人を同定できることを明らかにした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み