フランスのパリを拠点とする非営利組織で、癌に対する個別化医療の推進に取り組むWorldwide Innovative Networking (WIN) Consortiumのメンバーである、世界各国の研究者たちは、初の癌個別化治療臨床試験(WINTHER試験)で得られた良好な結果をNature Medicine誌電子版に2019年4月22日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)