富士フイルムは2019年4月18日、同社子会社のバイオ医薬品開発・製造受託会社(CDMO)であるFUJIFILM Diosynth Biotechnologies(FDB)社が、抗体医薬の生産プロセス開発時間34週間を実現したと発表した。抗体の次世代高生産性技術「Apollo X(アポロX)」を進化させたことによる成果で、同日現在で業界最短を達成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)