ボナック、東大先端研に単独で社会連携研究部門を設置

 ボナック(福岡県久留米市)が2019年4月、東京大学先端科学技術研究センター(RCAST)に社会連携研究部門「炎症疾患制御分野」を開設した。この部門を率いるのは、東京大学総長室アドバイザーでRCAST特任教授を務める谷口維紹・東京大学名誉教授だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)