東京理科大、植物の再生能力を支えるエピジェネ酵素を同定

 東京理科大学理工学部応用生物学科の松永幸大教授と杉本薫研究員らは、ヒストン蛋白質の脱メチル化酵素の1つであるLDL3が、植物の再生能力を支える“遺伝子プライミング”機能を持つことを見いだし、2019年4月16日にNature Communications誌にて発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)