cfDNA検査の領域で世界をリードする米Natera社は、同社の研究用「Signatera」を用いて、英Imperial College LondonのRaoul Charles氏らが行った研究で、治療後の乳癌患者から定期的に採取した血液にSignateraを適用すると、現行の放射線イメージングを用いた監視法に比べ中央値8.9カ月、最大では2年も早く、乳癌の再発を検出できたことを明らかにした。研究の詳細は、Clinical Cancer Research誌電子版に2019年4月16日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)