神戸大、潰瘍性大腸炎患者の便を利用しヒト腸管モデルを評価

 神戸大学バイオプロダクション次世代農工連携拠点(iBioK)は、2019年1月31日から2月1日にかけて、「腸内から望む先制医療の行方」と題したフォーラムを開催。神戸大学大学院農学研究科の大澤朗教授らが、ヒトの腸内細菌叢の環境を模した「神戸大学ヒト腸管モデル(Kobe University Human Intestinal Microbiota Model:KUHIMM)」や、同モデルを利用した研究成果を報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)