シンフォニア、半導体製造の技術生かした細胞培養装置を英国で実証実験

 半導体など産業用の製造装置などの開発・製造、販売を手掛けるシンフォニアテクノロジーは、神戸医療産業都市推進機構の細胞療法研究開発センターの川真田伸センター長らと共同で、iPS細胞や間葉系幹細胞(MSC)を大量に培養する装置を開発している(関連記事)。2019年3月18日、同社の執行役員でメディカルエンジニアリングセンター長の河村博年氏に、同社の戦略などを聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)